眼鏡レンズの基礎知識

【眼鏡レンズの基礎知識】

[A] レンズの素材

素材名 詳細
プラスチック 傷に弱く、欠けてしまうことがあっても、相当な力がないと割れにくい。
重量は、プラスチックより軽い。
ガラス プラスチックに比べ、重く、割れ易くが、傷はつきにくい。

※出来合いの『伊達メガネ』のほとんどは、眼鏡レンズとは異なり、
コストの低い『アクリル』製になっています。

そしてレンズの大きさが合わないものを、かなり無理をしてはめ込んだりして、
フレームが変形しやすい素材だと、レンズも一緒に変形しています。

ひと目では分からなくても、中心の近くから大きく歪んでいる伊達メガネや、
サングラスを掛けると、『疲労感』や『眼の疲れ』等を引き起こします。

出来合い伊達メガネをご購入で、そんな状態になった場合は、
眼が疲れたり、おかしく感じる前に、使用の中止をお勧めします。

 

[B] レンズのスペック(主にアッベ数、屈折率、比重の3つ)

アッベ数 ○アッベ数が大きいと、色収差が生じにくくて、見やすい。→数値が低いと色が滲んだり、違う色に見えることがあります。
屈折率 ○屈折率は数字が大きいほど、レンズが薄くなります。→プラスチックは最高1.76、ガラスは1.90が最高です。

※超高屈折レンズ(ガラス等)は『アッベ数』が低下します。
→色収差が発生して、色がにじんで見えたり、

またプラスチック素材だとコートの寿命が短いものもあります。
(体感的に思ったところでは…、という印象に近いです。)

比重 ○比重は大きいほど重くなります。→屈折率の高いレンズほど、比重が大きく、重くなります。

 

[C] 表面コート

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

☆上の写真のように、
『コーティング無し』と、『コーティング』レンズがあります。

 

『ノンコート・レンズ』 表面に何のコートもしていないレンズ
一般的に、度なしサングラスに使用されます。
『ハードコート・レンズ』 表面に傷をつきにくくする
一般的なコーティングをしているレンズ
『マルチコート・レンズ』 ハード・コートを施した上から、
表面の乱反射を防ぐ、反射防止コートがついたレンズ。
(度付レンズは、ほとんどされています。)

 

☆また、代表的な『特殊コーティング』には、下記のようなものがあります。

 

コーティング名 説明
『UVカットコート』 UV(紫外線)をカットする
『耐傷性コート』 表面のコーティングを特殊な加工で強化して、
耐傷性を増したコート
『撥水・撥油性コート』 表面を撥水、撥油性のコートをかけ、
汚れをつきにくく、またふき取りやすくしました。摩擦係数が下がるので、耐傷性も相対的に高まります。
『防曇加工コート』 定期的に、曇止め溶剤を塗ることで、
防曇効果を高めたコーティング。
『眼の負担軽減カラー』 特殊カラーフィルターなどを使用して、
物体の認識をしやすくして、眼を助けるカラー。